スポンサーリンク

第38回・中洲まつり【女みこし編】2013

2013年の中洲まつりは、10月3日(木)〜5日(土)まで開催しました。
4日の金曜日に、女みこしを見てきました。毎年楽しみにしてる中洲のイベントです。

中洲まつり・女みこし

D 131004 07782

女みこしは、中洲5丁目にある中洲國廣神社のお祭りです。創建1834年の國廣神社は商売の御利益があると言われています。

D 131004 07746

女みこしスタート地点です。参加者への注意事項などの呼びかけが行われていました。
実は、女みこしは女性なら誰でも参加出来ます。一日だけの参加も可能なので、来年は福岡美女軍団(自称)のメンバーに是非とも参加してほしいところです。

女みこし・募集要項

参加資格: 小学生以上〜60歳位までの健康でお祭り好きな女性(美女でも可)

費用など: 法被や衣装は無料にて貸し出し。手拭い、地下足袋、みこし傷害保険代として、1,000円実費負担。(終了後食事会あり・多分)

申込先: 中洲連合会 TEL 092-272-1440 E-mail: info★nakasumatsuri.com

D 131004 07750

神輿は二基あります。台に上がるのは前後ふたりずつ、合計4人が交代で勤めます。

D 131004 07762

さあ、みこしに肩が入りました、ゆっっくりと持ち上げます。

D 131004 07789

始まりました。かけ声は「ソイヤ、ソイヤ」です。

中洲5丁目をスタートした女みこしは、中洲の町内を練り歩き、1丁目まで向かいます。

D 131004 07796

途中の明治通、通過の図。

山笠と違って大きな交通規制はしてません。信号が青になったら急いで渡ってました。

サックスの演奏

D 131004 07779

女みこしスタート地点で演奏を始めたサックス奏者。とても上手でした。

D 131004 07777

多門ビルにあるMUSIC SNACKのオーナーでしょうか?出張演奏も可とあります。

再び、女みこし

D 131004 07798

女みこしの廻りは、大勢の見物客で身動きしにくいので、先回りしつつ撮りました。

D 131004 07800

「ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ!」

D 131004 07802

よく見ると、山笠と同じで、ねじねじ(襷)が使われてました。台上がりや交通整理など役割によって、色の違いがありそうです。

関係者のブログによりますと、中洲まつりの運営は、山笠の中洲流の男衆で支えられているそうです。山笠の山大工も関わっています。

中洲祭りと女みこし – 千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

D 131004 07809

女みこしが川端商店街を通過前の一コマ。

D 131004 07818

「商売〜繁盛〜」

D 131004 07819

「ソイヤ、ソイヤ、ソイヤ!」

D 131004 07820

女性の熱気でムンムンと〜。

いいですね!女みこし、来年も是非見に行きたいイベントです。
今年は4日・5日と女みこしが出る予定でしたが、残念ながら、5日は雨のため中止となりました。

では、又、来年〜

(おわり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ