スポンサーリンク

糸島の牡蠣小屋と糸島半島めぐり・体験記【西鉄バスツアー】2018

下記は牡蠣について書きました。

西鉄旅行のバスツアーに生まれて初めて参加して、牡蠣小屋に生まれて初めて行ってみて、牡蠣を生まれて初めて自分で焼いて沢山食べました。

たまにはこんな旅行もいいですね。

2018 02 24 12 32 14

(糸島・船越漁港、牡蠣小屋の横で撮影)

牡蠣小屋巡りバスツアーは満員御礼

2018 02 24 09 09 27

西鉄旅行のバスツアー・糸島の牡蠣小屋と糸島半島めぐりコースは、日帰りで牡蠣の料金込みで、お一人様、4,980円です。

シーズン的には2月〜3月に開催されてて、私たちが参加した日は土曜日で西鉄DAYということで、満員御礼でした。

バスの出発地は、JR博多駅、天神日銀本店前、西新から選べます。

牡蠣小屋ではお酒類も販売してます。が、持ち込みもOKということで、途中・イオン志摩店で買い物用の停車してから、糸島、船越の牡蠣小屋、千龍丸へと向かいます。

イオンでは、レジのトラブルでPOSシステムが停止してて、端末ハンディで価格を読み取ってから、電卓叩いて、現金で支払いして、手書きの領収書をもらうという、珍しい体験が出来ました。

2018 02 24 11 18 02

船越漁港には8軒の牡蠣小屋があります。糸島でも二番目に規模が大きいそうですよ。

糸島・船越漁港の牡蠣小屋・千龍丸

2018 02 24 11 18 59

バスツアーの契約先は、千龍丸です。よその牡蠣小屋には勝手に入れません。

まあ、ハイシーズンということで、大型観光バスは入り口で渋滞するは、食事の待ち時間はあったし、大盛況でした。

この日は、各地の西鉄関連の牡蠣小屋バスツアーだけで、大型バス9台稼働したんだとか。

2018 02 24 11 21 17

入り口入ってすぐ、これはみそ汁用の牡蠣ですね。

2018 02 24 11 21 49

サザエ、旨そう。

2018 02 24 11 22 41

小屋の中は、こんな感じです。

熱気でムンムンしてます。冬でも上着はバスに置いてから入場しますよ。

2018 02 24 11 24 30

これが、ツアー用のお一人様セットです。

ホタテにはバターが載ってて、他に車エビとサザエとハマグリと、牡蠣は6〜8個くらい入ってます。

2018 02 24 11 24 37

牡蠣飯と、

2018 02 24 11 31 00

牡蠣入りのみそ汁付きです。

2018 02 24 11 24 14

爆発注意!

牡蠣は、焼いてると、ポンポンと弾けます。その際、汁が飛ぶので、食べ手はお借りしたジャンバーを着て食べないと大変なことになります。

まあ、私の場合、弾けた汁がズボンに命中したので、あまり役には立ちませんでしたけど。

2018 02 24 11 28 01

一つのテーブルは6人掛けです。一斉に焼き始めました。なかなか壮観ですね。

2018 02 24 11 31 05

タレは、ポン酢と醤油のみです。他の調味料で食べたい方は自分で持ち込みOKです。

お酒は?

生ビールが一杯、500円。缶ビールや缶チューハイは350ml缶で350円でしたから、暴利じゃない良心的な価格でしょう。

イオンから牡蠣小屋までは30分くらいかかるので、冷えた飲み物が欲しい人は牡蠣小屋内で買うのもありですね。

牡蠣の焼き方

  1. 平たい面を下にして2〜3分くらい焼く
  2. ひっくり返して、殻を取ってから2〜3分焼く
  3. お好みでトッピングして食べる(バター、チーズなど)

2018 02 24 11 53 54

て、バスガイドさんが説明してくれましたけど、大きさも不揃いだし、平らな面が無い牡蠣もあって、時間はチョイと長めに適当に焼きました。

焼けたそばから次々と食べます。炭火でじっくり焼いて、熱々を食べるんですからね〜

トッピング的に、イオンで買った七味唐辛子にポン酢で食べました。

もちろん旨いです

全部平らげたら満腹になりました。

オプションで色々追加メニューがありますけど、ほとんどの方は追加無しで満足されたようでした。

船越漁港から糸島巡り

2018 02 24 12 32

船越漁港の図

2018 02 24 13 11 27

牡蠣小屋での滞在時間は約1時間半ほど。次に、手作り塩の工房に向かいました。

2018 02 24 13 11 08

日頃の行いが良いので、綺麗に晴れました。

2018 02 24 13 11 58

牡蠣小屋もそうですけど、バスか車が無いと、なかなかこんな所には来れませんね。

2018 02 24 13 13 32

手作り塩の工房見学しました。

2018 02 24 13 18 11

とはいえ、私はトイレで順番待ちしてたので見学してません。

糸島巡り

そのあとは、

つまんでご卵に行ったり、

2018 02 24 14 14 13

馬と遭遇したり、

2018 02 24 14 51 29

糸島のアイスクリーム食べたり、浜地酒造でビールの飲み比べしたり、

2018 02 24 15 03 20

トイレで行列したりと、糸島周遊を満喫しました。

バスツアーなので、何台かのバスがかち合い、トイレはどこも混雑してしまいました。

2018 02 24 15 36 07

帰りの車内・じゃんけん大会で勝ってもらったプレゼントサービスの牡蠣1キログラム。

2018 02 24 16 12 03

バスツアーって初めての体験でしたけど、なかなか良いですね〜

福岡から糸島だと、ゆったり廻っても、天神発09:25 → 天神着15:45で、のんびり出来ました。

天神に戻ってきても、まだ16時。

屋台も営業してないので、この後は、いきなりステーキと、カラオケ行って、休日を満喫いたしましたとさ。

めでたし、めでたし。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ