スポンサーリンク

(自称)美女探検隊 in 二日市

大賀酒造・秋の蔵開きを堪能した一行は、更なるアルコールを求めて、二日市をウロウロと徘徊しました。ハシゴ酒は効きますね〜。お酒の弱いわたしは、後半の記憶があまりありません。

二日市・ふれあい広場

D 131013 08018

大賀酒造から徒歩3分くらいの二日市ふれあい広場で、足湯やバンドの演奏の出し物がありましたので行ってみました。

D 131013 08016

早速、足湯に入ってご機嫌な自称美女のキミちゃんとロンちゃんです。背後のブルーシートがなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

D 131013 08027

バンド演奏もありました。サックスが得意な私も、次回は出演したいと思います(ウソ)

D 131013 08025

ビールで乾杯♪

出店も何軒かありました。ビールは出店してた韓国居酒屋から買って来たものらしいです。

D 131013 08038

二日市に来る度に見かけるのが、マルちゃん夫婦です。おでんの卵のようにまん丸く可愛い夫婦ですヨ。

D 131013 08039

こちらは、昔は本当に美女だったと、もっぱら噂の美女(自称)探検隊の皆様です。
平均年齢は幾つくらいになるんでしょうね〜。確か平成生まれは居ないはずです。

D 131013 08056

木下薬局のミックリマン家族も楽しそうです。

D 131013 08063

ウイスキーにノックアウトされました♪

D 131013 08069

もう一度、乾杯してから、今度は近所のしょう油屋さんに向かいました。

二日市・えびす醤油

D 131013 08081

次に向かった先は、大賀酒造にほど近い場所にある、えびす醤油です。

D 131013 08082

毎年、蔵開きに合わせて、イベントを開催しています。写真は、もろみの試食です。他にも醤油で炊き込んだ混ぜご飯が旨いですヨ。

D 131013 08085

だんだんと酔っぱらって来た皆様方です。この後、大賀酒造を再訪問してから西鉄二日市駅に向かいました。

ゑびす醤油(えびす醤油)|甘さ、コク、旨味を追求した甘口醤油

めんちゃんこ亭・二日市店

D 131013 08091

〆に、めんちゃんこが食べたいと誰かが言ってたので、やってまいりました。

D 131013 08095

安いネ〜

D 131013 08106

キャッチフレーズは、『美味しくてご麺なさい』

D 131013 08109

ビールとハイボールで乾杯しました。

D 131013 08112

可愛い店員さんが居たヨ。

D 131013 08114

この餃子はビールについてくるセットメニューです。いくらだったかな〜380円位でしょう。

D 131013 08122

こちらが、めんちゃんこです。ラーメンとちゃんこが合体したような味がします。

D 131013 08123

3種類のめんちゃんこです。こちらは、何とかのめんちゃんこ。

D 131013 08124

キムチ鍋っぽい、何とかのめんちゃんこ。もう、何も覚えてません。写真だけが残ってます。

D 131013 08129

この時点までで飲んだお酒の種類は、日本酒に、梅酒に、焼酎に、ビールに、ウイスキーに、ドクターペッパーに、酎ハイに、ハイボール?

ドクターペッパー久しぶりに飲んだら、とても甘かったです。昔は大好きだったんですけどね〜

D 131013 08138

アイドル、再び登場〜

D 131013 08139

酢モツだったかな?いい笑顔です。

D 131013 08167

よーと呑みました。めちゃんこ亭さん、ご馳走さまでした。

毎回思うのですが、お酒を飲み過ぎると、後半の記憶が無いのがもったいない気がしますヨ。
酔う為の飲み物ですが、酔うまでの過程が大切ですね。シラフと酔っぱらいの境界は、どの辺りにあるんでしょうね〜。不思議な気がします。

今度、わたしと同じように、呑んだらすぐに記憶を失ってしまう、美女探検隊員のロンちゃんと、呑みながら議論したいと思います。

(おしまい)

博多めんちゃんこ亭|株式会社鬼が島本舗 | 博多に生まれて30周年!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ