スポンサーリンク

中洲の屋台・もり【さざえと天ぷら】

中洲の屋台・もりでさざえを食べて来ました。旨いけど高いさざえは、自分へのご褒美など、特別な時だけ注文します。あつあつの出来立ては、磯の香りがたまりません。

9月も暑い、福岡地方

D 130907 06576

時刻は、午後6時ちょっと前です。森さんはまだ営業の準備中でした。

福岡の新・屋台条例が9月1日から施行されました。中洲の清流公園地区の屋台は組立開始時間が、今までより1時間遅く、午後5時スタートに変更となっています。

D 130907 06577

なにやらどんよりとした空模様の日でした。

D 130907 06583

屋台の組み立ては重労働です。森さんは1時間程で完成させますが、人によっては2時間位かかるようです。

D 130907 06584

屋台・もりのメニューはこちら。税込みです、お通し代などはありません。

カキ天は、10月くらいからの冬場限定のメニューです。アゲマキは、最近あまり国産のいい型が穫れないようで、めったに食べられなくなってしまいました。

D 130907 06585

開店準備中でも、ビールは冷えてます。最初の一杯がたまりません。

D 130907 06587

ネタケースに食べ物が揃い、準備完了です。

D 130907 06589

最初は、串焼きから。左から、ズリ・100円。ウインナー・250円。豚バラ・100円。牛ハラミ・300円です。嫁はズリが大好物。私は牛ハラミが好きです。サガリとも言いますね。

さざえ登場!

D 130907 06590

この日は、早い時間から満員状態でした。次々と入る注文をバンバンこなす、森さんです。
見てたら、大体、4つくらいまでの料理は同時進行で作れるようですね。素晴しい手さばきです。

D 130907 06592

さざえです。1個・700円。注文を受けてから煮込みます。

D 130907 06594

さざえで一番旨いのは、キモー。

D 130907 06595

苦みがたまりません。焼酎にぴったりな味です。中の汁が又旨いんだなーもう最高♪

D 130907 06596

ちょーしにのって、

久しぶりに天ぷらの盛り合せ・1300円も頼みました。相変わらず旨かったです。

この後は、又、屋台のはしごをしました。天神屋台・あほたれ〜のに向かいました。

森さん。ご馳走さまでした!

さざえは動画もあります

屋台のもりのさざえは、長崎の生月島辺りの産地が多いそうです。香りが良いですよね。

(つづく)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4 Responses to “中洲の屋台・もり【さざえと天ぷら】”

  1. ron より:

    磯の香りが苦手なロンです

    しかし
    子供の頃はサザエの蓋が
    おご馳走でした 
    中身はお父さん

    どんな昭和やねんヽ(^o^)丿

    • たかはん より:

      海藻系は苦手って言ってたもんね。

      蓋がご馳走〜?
      あれって食べられましたっけ?

      判った、おはじきなんかにして
      遊んだってことかなー

      ところで、放生会の記事への
      アクセスが爆裂中です。
      いきなり、ベスト10に入ったよ。

  2. こうき より:

    すみません、こちらにコメントさせていただきます m(__)m 。
    本日、ご一緒させていただいた「こうき」(ハンドルです)@名古屋でございます。

    美味しい酒・肴と、楽しい会話で、嬉しい想いで一杯です。
    あのあと、急いで空港に戻り、無事に羽田まで到着しております。

    次に行くのが、いつになるかは分かりませんが、運よく御会いできれば、幸いです。

    それでは、まずは御礼まで。

    • たかはん より:

      昨日はドーモー
      楽しかったですネ。

      知らない人と、すぐに仲良くなれるのが
      屋台の最大の魅力かもしれません。
      他の飲食店では味わえない、独特の雰囲気があると思います。

      特に、夕べの『もりさん』が最高です。
      わたしの嫁は、森さん無しの人生は
      考えられないとまで言ってます。←(おおげさですが)

      次回が楽しみですね。

      機会があれば、
      是非、泊まりがけで、博多の夜をご堪能下さいませ♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ