スポンサーリンク

中洲の屋台・もり【看板メニュー表・リニューアル】

屋台のもりでは、屋台の外壁に大きな看板式のメニュー表が設置されています。
道行く観光客が足を止めて、メニューを見入る姿が時折見られますが、先日、新しい看板に作り替えられてました。リニューアルするのはおよそ20年振りなんだとか。

夕方の福博であい橋

DSCN 130307 9381

天神方面から中洲に向かう時、わたしは福博であい橋を渡って那珂川を越えることが多いです。

DSCN 130307 9382

今、中洲の那珂川沿いは護岸工事が行われています。ちょっと景観がよくありません。

DSCN 130307 9383

屋形船も屋根を綺麗に塗り替えていました。

DSCN 130307 9384

冬場なら、もう薄暗くなる時間帯ですが、だんだん日が暮れるのが遅くなってきてますね。

DSCN 130307 9385

夕方の屋台

那珂川沿いには、約20軒くらいの屋台があります。春吉橋から先は5軒が一カ所に纏まっています。最初にトイレがあって、おけい、朝日屋、一平、はなお、もりの順番になります。

DSCN 130307 9386

もりさんでは、去年、外壁を新品に交換しました。今回は看板メニューがリニューアルです。

DSCN 130307 9396

看板メニューは先代と同じ人が、又、作ってくれたそうです。看板屋さんとは違うんだそうですが、なかなかお上手です。もりさんだけに書いてくれる人らしいです。

DSCN 130307 9390

これは、表側の看板メニューです。

那珂川沿いは、観光客がよく通ります。立ち止まってはこの看板を見て、入ろうか入るまいかと、思案している人たちを良く見かけます。

もりさんは、呼び込みを一切しない主義です。

看板を見ている人を、屋台の中からニコニコしながら見てるだけです。呼び込みは無理矢理来てもらうみたいで嫌なんだそうですヨ。

勇気を出して、のれんをくぐって来たお客さんが居たら、そこで初めて森さんが「いらっしゃいませ〜」と声を掛けます。

DSCN 130307 9392

5軒の屋台の一番角にありますから、写真だけ撮って通り過ぎる人たちも大勢います。

D 130430 00398

だんだん、日が暮れて来ました。明るいうちから屋台に入り、気がついたら外は真っ暗、なんて、他のお客さんと話に夢中になっている時もあります。

屋台のはしご・2軒目は峯ちゃん

DSCN 130307 9408

まっすぐ帰るつもりが、屋台の峯ちゃんの大将と目が合ったので、少しだけ寄りました。

DSCN 130307 9410

牛スジが旨かったです。もりさんにはラーメンとおでんは置いてません。食べたくなる時は、屋台のはしごをする事が多いです。

DSCN 130307 9413

天神の撫順のおでんも旨いけど、峯ちゃんもいい感じです。大将の峯ちゃんは焼酎が大好きです。お互い飲みながら、色々な話が尽きませんでした。

(おわり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ