2019年5月に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーで稼いだ収入額は、199,213円です。時給に換算すると、1,554円でした。

これまでの累計配達回数は、約3ヶ月で983回、合計収入額は533,029円になります。

報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。

稼働しているエリアは福岡です。

今回は、稼働を始めた時から現在までの、週ごとの収入を大公開しちゃいます。

(2019年6月5日更新)

20190319 2019 03 19 11 30 01

バイトじゃ無いの?Uber Eats・収入の仕組み

完全成果報酬型の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)・配達パートナーとは?

Uber Eatsの配達パートナーは時給制のバイトではありません。

1回ごとに、料理の配達依頼を受けてから、レストランから注文者まで配達した距離や時間帯などによって計算される売り上げ(収入)を得る、完全成果報酬型の請負仕事になります。

つまり、料理を受け取り(ピックアップといいます)して、自転車もしくは原付バイクなどで移動して、お客様にお届け(ドロップといいます)を完了するまでの間のみ、報酬が発生します。

配達依頼が無くて待機している時間帯や、依頼を受けて、レストランに到着するまでの間は無収入です。

そのため、配達の依頼をこなさないと、何時間稼働しても収入はゼロです。

そのかわり、稼働する日時は自分で勝手に決められます。いつでも好きな時に休めます。

収入の計算方法

Uber2

この収入額は、追加報酬となるインセンティブにより大きく変動します。

収入の計算方法や仕組みの詳細は以下の記事をご覧ください。

おおざっぱに言って、1回の配達につき、いくらくらい稼げるのでしょう?

1回の配達でいくらくらい稼げる?

わたしの場合・1回の配達あたり平均約540円の収入

累計の収入より

収入合計額:533,029円 ÷ 合計配達回数:983回 = 542円

(2019年6月5日時点)

稼働するエリアや、場所、時間帯、曜日、天候などにより、インセンティブの、ブーストやクエストが変動しますので、ハッキリといくら稼げるとは断言できません。

この金額は、あくまでも、わたしの場合の過去の平均値です。

稼働する都市エリアにより、基本料金や手数料、インセンティブなどは異なります。

時給制の仕事では無いけど、時給に換算すると?

仮に、1回の配達につき、平均で約540円の収入とした場合、

1時間あたりの配達数
  • 1回配達で、時給換算 540円
  • 2回配達で、時給換算 1,080円
  • 3回配達で、時給換算 1,620円
  • 4回配達で、時給換算 2,160円

という計算になりますね。

暇な時間帯だと、1時間あたり、1回〜2回くらいの配達回数になるときもありますし、

忙しい時間帯に配達が連チャンすると、3回〜4回くらいは配達しています。

週ごとの収入・一覧表

2019年2月24日〜6月2日

収入額 配達回数 稼働距離 稼働時間 時給換算
2月18日〜2月24日 537円 1回 1.42km 1.10h 488円
2月25日〜3月3日 25,844円 48回 106.70km 28.00h 923円
3月4日〜3月17日 59,812円 111回 289.10km 64.60h 926円
3月18日〜3月24日 23,720円 48回 95.32km 20.95h 1,132円
3月25日〜4月21日 134,200円 271回 529.47km 127.25h 1,055円
4月22日〜4月28日 43,754円 81回 146.52km 31.50h 1,389円
4月29日〜5月5日 59,331円 104回 142.31km 36.15h 1,641円
5月6日〜5月12日 47,159円 89回 132.69km 35.10h 1,344円
5月13日〜5月19日 62,449円 104回 197.69km 41.25h 1,514円
5月20日〜5月26日 38,585円 65回 125.03km 21.00h 1,837円
5月27日〜6月2日 37,638円 61回 116.14km 22.90h 1,644円
合計 533,029円 983回 1,882.39km 429.80h 1,240円

(右にスクロールできます)

稼働距離には、待機中や、依頼を受けた後、レストランへ向かって走行した距離は含まれていません。

ドンドン時給換算額がアップしている理由

慣れてくると効率よく動ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めて、最初の頃は、時給換算900円台でしたけど、ジョジョにUPして、2019年5月は、時給換算1,554円になりました。

収入がアップしてきた主な理由としては、配達の回数をこなすうちに、

  1. よく行くレストランの場所を覚えた
  2. 道路、特に抜け道に詳しくなった
  3. ある程度、大きなマンションの場所も覚えた
  4. ピックアップ後のパッキングなど手際も早くなり
  5. トラブルや問題が発生しても素早く対処できるようになった

まあ、どんな仕事でも一緒ですけど、経験値を積むと効率よく動けるってことですね!

一般のバイトと違って、Uber Eatsの場合、時給換算額のアップするペースがとても早いのが嬉しいですねー

週払い・とても早い報酬サイクル

Uber Eatsの報酬は週払いです。

毎週月曜日の午前4時に締め切られ、海外から指定の口座に入金されます。入金日時は銀行により異なります。海外送金と相性の良い銀行は入金も早いです。

わたしは、相性の良い三菱UFJです。月曜〆後、翌日火曜日には入金します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)・毎週の収入明細

毎週の収入明細は、Uberの配達用アプリでカンタンに確認できます。

2019年2月25日〜3月3日の収入

190225 1190225 2

明細の見方

売り上げ(収入)25,844円です。

毎週月曜日の午前4時が締め切り時間なので、2月25日-3月4日と表示されていますけど、実際には、Uber Eatsの稼働が可能な時間帯は午前9時から午後24時までなので、2月25日・月曜日から、3月3日・日曜日までの収入が表示されています。

  • 48乗車 ‥ 1週間の配達回数です
  • 27時間59分 ‥ 1週間の合計稼働時間です(オンライン = 配達を受けられる状態)
  • 送迎の売り上げ・13,610円 ‥ 基本料金
  • ブースト・11,434円 ‥ インセンティブ、曜日時間帯により変動
  • プロモーション・800円 ‥ インセンティブのクエストで獲得した額
  • 支払い・-2,077円 ‥ 現金受領額と先週分の振込額の合計
  • 現金受領額・-1,540円 ‥ 現金支払いを受けた合計額
  • 口座振り込みと前回未納分・537円 ‥ 先週末の残高
  • 週ごとの残高・24,304円 ‥ 今回締め切りでの振込額予定額

収入は現金+銀行振り込み

Uber Eats 福岡エリアでは、お客様の支払い方法として、クレジットカードで事前決済か、料理を受け取るときに、現金で支払うかを選べます。

配達パートナーも、現金支払いに対応するか対応しないかを自分で決めて、Uberの配達用アプリで設定できます。

今回は、1,540円を現金で受け取ったので、収入は、

銀行振り込み額・24,304円 + 現金受け取り額・1,540円 = 収入合計額・25,844円

保証金を払う・2019年4月1日〜4月8日の収入

190401 1190401 2

費用(保証金)・2,000円は、Uber Eats・バックの保証金です。

配達を始めてから、2,000円以上の収入がある週に、自動的に引き落とされます。

保証金は、4,000円なので、2回に分けて引き落としされます(以前は8,000円でした)

Uber Eatsの配達パートナーを辞めるとき、バックを返却すれば、保証金は全額戻ります

現金払いとの差額を払う・2019年4月29日〜5月5日の収入

収入額より現金受け取り額が多くなるとUber Eatsへの支払いが必要

190429 1190429 2

受け取り額・15,049円は、わたしがUber Eatsへ支払いした現金受け取りの差額です。

支払いの仕組み
  1. 事前に支払い用のクレジットカードかデビットカードを登録する
  2. 配達で稼いだ収入額より、現金受け取り額が多くなりすぎると、支払いしてと通知がくる
  3. 例)収入合計額 3,000円、現金受け取りの合計額 9,000円など、差額が6,000円くらいになると、支払い依頼の通知がくる
  4. 配達パートナーアプリ内で、ワンクリックにて支払い出来る
  5. 支払った金額は、なぜか売り上げにプラスされるので見るとき気をつける

この週の売り上げ、74,380円は、現金分の支払い額の 15,049円が加算されていますので、実際の収入額は、59,331円です。

めんどくさいけど現金支払いには対応するべき

釣り銭の用意も必要ですし、配達するときに、現金のやり取りが増えますから、手間ではありますけど、現金払いに対応したほうが、配達の依頼数が増えるので、稼ぎたい場合は現金支払いをオンにしたほうが良いでしょう。

現金支払いに対応すると、配達依頼数が約30%増えると言われていますけど、実感ベースでは40%以上ある気がしています。

福岡エリアは現金支払いのお客様が多い!

使った経費

バイトじゃないので経費も認められる

わたしは元々、個人事業主なので、きちんと確定申告しています。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての収入が、ある程度の金額以上になると、キチンと申告する必要がありますね。

Uber Eats 配達パートナーで稼ぐのに必要なもの

  • 自転車もしくは125cc以下の原付バイク
  • 身分証明証(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カードなど)
  • スマホ

最低限、これらがあれば稼働できます。

わたしが購入したもの

電動自転車・ベロスターミニ

20190316 2019 03 16 12 26 49

パナソニック製の電動自転車・ベロスターミニを4月の中旬頃に購入しました。

楽天で、96,450円でした。

買ったら便利だったもの
  1. スマホホルダー 1,709円
  2. 100円均一の保温シート 108円
  3. ポーチ 1,780円
  4. 釣り銭用の携帯コインホルダー 969円

他にも、雨降り対策グッズとして、カッパや防水スプレーなど。

夏場用に日焼け止めや消臭スプレーも買いました。

この辺の便利グッズは、こちらのブログで紹介しています↓

慣れたら高収入に!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働し始めて、およそ3ヶ月経ちました。

福岡エリアの場合、先日、サービスエリアの拡大もありましたし、加盟するレストラン(店舗)も、ドンドン増えています。

慣れてきたので、1日1万円くらいは稼いでいますよ。

190526u

(5月26日の収入・6時間弱で、10,072円でした)

メリットとして、

  • 好きな時間や曜日だけ稼働できる
  • 突然休んでも無問題
  • マイペースで高収入も可能

稼働したいと思ったら、Uber配達用アプリをオン(オンライン)にするだけ。休みたいと思ったらオフ(オフライン)にするだけなので、とってもカンタンですよ。

普通のバイトと違って、シフトが無いのが何より良い点でしょう。

稼ぐも稼がないも自分次第で、自由度が高い!

そんな、Uber Eatsの配達パートナーに、あなたもチャレンジしてみませんか?

【a】Uber Eats 配達パートナー募集