スポンサーリンク

福岡オープントップバス体験記【シーサイドももちコース】

福岡オープントップバスは、日本初の国産オーダーメイドな屋根が無い2階建てバスです。

バスが走るコースは3つあります。

  • シーサイドももちコース
  • 博多街なかコース
  • 福岡きらめき夜景コース

初夏の候、よく晴れた天気の日に、シーサイドももちコースを体験して来ました。

屋根無しで都市高速も走るんですヨ

D 170503 24127

(福岡オープントップバス、赤、青。博多どんたくパレードにて)

シーサイドももちコース・体験記

D 170609 24591

福岡オープントップバスの出発地点は、天神にある福岡市役所前です。

観光ルートをぐるっと回るだけなので、先々の観光地は見て素通りするだけですが、希望すれば、何カ所か設定されている停留所で途中下車もOKです。

D 170609 24592

出発進行〜

なるほど、屋根がありません。小雨が降ったときは雨合羽、寒い日にはベンチコートの貸し出しサービスもあります。

バスの中で飲食や喫煙は出来ません。密封出来るペットボトルなどなら持ち込みOKだそうです。飲酒はどうなんですかね〜聞き漏らしました。

バスは、バスアナという声の綺麗なガイドさんの案内で出発しました。

D 170609 24596

オープンなバスの、骨組みギリギリの場所を街路樹や交通標識が通過していきます、なかなかの迫力を感じます。

D 170609 24597

前方でサイレンの音がしました。信号無視で白バイに捕まった車も、オープンな高い場所から、じっくりと見物出来ました。

これが本当の高みの見物

D 170609 24605

ミストがシュワシュワw

当日は暑くて、日傘も禁止で、しんどいかなって思ってましたけど、秘密兵器の登場です。バスの上部からミストが噴出されて、ひんやり涼しくなりました。

バスはこの後、昭和通りを右に曲がり、渡辺通に出て、都市高速へと向かいました。

D 170609 24611

バスガイドさんから、手を上に伸ばしたりしないように注意があったのにネ。

D 170609 24615

これは凄い!

屋根が無いバスなのに、普通に高速度で高速を走ります。風がビュンビュン当たり、ジェットコースターに乗っているって言ったら、ちょっと大げさでしょうか。気分爽快♪

D 170609 24620

船の造船所も見れたのは、オープントップバスならではでしょうか。

撮影スポット登場

D 170609 24625

バスアナ(バスガイド)さんの指示の元、一斉に写真を撮る皆様の図。

手前から福岡ヤフオクドーム、シーホークホテル、福岡タワーと有名どころが3つ勢揃いです。

D 170609 24631

都市高速はココで降ります。

D 170609 24633

シーホークホテルの売りは、先端の角部屋。一番最先端の細長いところにジャグジーバスが設置されてます。バスに浸かりつつ、目の前はオーシャンビューですヨ。一度は泊まってみたいもんですね〜

D 170609 24639

福岡タワーで下車することも可能です。誰も降りませんでしたけど。

D 170609 24642

屋根が無いから空がよく見えます。飛んでる飛行機を何度も目撃しました。

大濠公園

D 170609 24643

オープントップバスは、ももちの高級住宅地エリアを通り、大濠公園へと向かいます。

D 170609 24649

昔、福岡城があった大濠公園は、現在では春の桜祭り、夏の大濠花火大会で賑わいます。

D 170609 24654

大濠公園を通過後は、けやき通りを通って、天神へと戻って行きます。

D 170609 24657

けやきの木が沢山植えてあるから、けやき通りです。

新緑が目に沁みました。この、シーサイドももちコースに乗るなら、5〜6月の時期がオススメです。

D 170609 24662

オープントップバスは、都市高速から百道エリア、大濠公園を通って、出発地の天神市役所へと戻って来ました。

D 170609 24665

声の綺麗なバスアナさんは、顔も綺麗でした。

D 170609 24667

小さく写ってますけど、この日の運転手さんは女性の方でした。運転上手でしたよ。

初めての体験でしたが、なかなか面白かったです。

よく屋台とかで観光客のお客さんに、福岡の見所やオススメを聞かれる事が多くて、毎回、『特に無いね〜』なんて答えてましたけど。

有名な太宰府天満宮は福岡市内じゃないし!答えに困ってました

これからは、福岡オープントップバスをオススメしようと思います。

その後は屋台のハシゴ

D 170609 24676

今回は、田舎から出て来た両親と一緒に参加しました。バスの後は、中洲の那珂川沿い・屋台もりへ。二人とも久しぶりのもりさんを楽しんでました。

福岡オープントップバスの乗車券

D 170609 24557

福岡オープントップバスは、ネットでの予約や前売りはしてません。電話予約のみです。

料金は1コースで

大人 1,540円、子供770円です。

各コースともに所要時間は、約1時間前後です。

この乗車券があれば、福岡都心フリーエリア内の路線バス乗り放題!

乗車当日は、都心エリアの西鉄バスなどが乗り放題になりますから、福岡観光にピッタリですね(乗るときに整理券をとって、降りるときにチケットを見せるだけ)

購入場所は、天神市役所・1F販売所のみなのが、ちょっと不便ですけれど、電話予約して当日に乗車の20分前までに購入する必要があります、〆切以降は自動キャンセル扱いとなります。

予約に必要なのは、氏名と代表者の電話番号です。悪天候時は運行中止にもなるので、そういった時は、電話で教えてくれるそうですヨ。

詳しくはこちらから ▷ 福岡オープントップバス・公式サイト

(空席があれば、当日予約も可能)

(おわり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 Responses to “福岡オープントップバス体験記【シーサイドももちコース】”

  1. 福原 献 より:

    市役所の前をたまに通ると、たいてい「言葉」の違うあの人達が、一見日本人かと見まがうカジュアルな服装で列を作って、バスの到着を待っている。外人の肌の強いのはアジア人も同様で、まだ充分肌寒い三月や四月に薄手のTシャツ一枚でヘーキで立ったまゝ談笑などしているから気が知れなくて、 どーせこんなノンキなお上りさん相手に役所が考え出した商売だから、子供だましみたいなもんだろう―と勝手に見当をつけていたら、少し違っていましたリアリティがあって、面白かったですよ。詳しい案内を添えてくれているのも親切―

    • たかはん より:

      地元民でも楽しめたので、福岡初めてな観光客にピッタリだと思います。
      他に二つのコースがあり、夜のナイトクルーズ版なんかも面白いかもしれません。

      ただ、お役所的な発券システムには改善の余地ありでしょう。
      今時、電話予約しか受け付けないのでは、ちょっとね〜

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ