スポンサーリンク

屋台の組立方法【撫順が出来るまで】後編

屋台の組立方法【撫順が出来るまで】中編 から続きます。

屋台の組立方法・撫順の場合。いよいよ感動の最終回です。

外装と内部の準備

D 130504 00940

次に外装の飾り付けと、内部の準備が始まりました。

D 130504 00948

これは、雨風・寒さを防ぐシートです。ただし、この日は気温が高く、取り付けませんでした。

D 130504 00960

ネタケースをセットします。

D 130504 00963

ソフトバンク人形も忘れずに。

撫順は、ソフトバンクが試合に勝った次の日は、生ビールが2杯まで半額になります。

D 130504 00965

おでん用のケースを設置。

D 130504 00979

おでんも登場です。私は厚揚げと玉子と大根が好きです。

D 130504 00983

次から次へと、休み無く作業は続きます。

D 130504 00985

キミちゃんがノレンを取り付け始めました。

D 130504 00988

メニューも外から見えるように取り付けます。常連さんばかりではありませんからね〜

中洲地区の屋台は観光客が多く来店しますが、天神地区の屋台だと、買い物帰り客が目立ちます。若い女性客も意外と多いですよ〜

D 130504 00992

値段が外から見えると、初めての人でも安心出来ますよね。

D 130504 00995

これが暑い日向けの営業スタイルです。

D 130504 00996

観光の人だと、クーポン券をもっている事もあります。最近では、屋台切符や屋台手帳なんてチケットも存在します。どちらも天神の福岡観光案内所で購入出来ます。

D 130504 00999

初めてのお客さんで、撫順に入ろうか入るまいか考える人たちは、大体の場合、屋台の外側にある、このメニューの前に佇みます。じっくりと内容を検討する訳です。

撫順にとって大切な集客装置ですね。

いよいよ、完成へ

D 130504 01001

ラーメン用のスープが火にかけられました。

D 130504 01006

だんだんと屋台の形が整って来ました。

D 130504 01010

このスタイルは、晴・秋バージョンです。冬になると防寒用のシートが追加され、真夏になると両側の戸板も無くなり、扇風機が設置されます。

D 130504 01011

出来上がり〜と思ったら、

D 130504 01012

撫順ユニフォーム(ソフトバンク)を追加ディスプレイ。これで外観は終了です。

D 130504 01031

大将が、内部の清掃を始めました。

D 130504 01033

丁寧に磨いていきます。

D 130504 01045

メニュー表をセットして、

D 130504 01061

名刺を配置します。

D 130504 01072

オデンに出汁が張られて、

D 130504 01080

割り箸や小物をセットして、屋台の組立は完了です。

D 130504 01079

ほっと一息、お茶を飲む大将。

屋台の設置・完了

所要時間は、小一時間くらいでした。

これでようやく営業が開始出来るようになります。一日営業した後は、逆回しで屋台の解体作業が待っています。こんな作業を毎日毎日続けているんですね。屋台の仕事も楽じゃ無いですね〜

大将、キミちゃん。お疲れさまでした。

次回は、差し入れ持っていきます(多分)

(おしまい)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 Responses to “屋台の組立方法【撫順が出来るまで】後編”

  1. otomenao より:

    これからもありがたくなんでも頂かないといけないですね☆
    半額のビール飲んじゃいました♪
    集合~って声かけたら「撫順」にみんな集まりますよね!!

    • たかはん より:

      半額ビールは、最近あんまり宣伝してないようですヨ。
      私が2杯呑むのは、キツいかも〜って言ったら、
      無理に呑まなくていいですよ。と言われました。

      合い言葉は、「ホークス勝利w」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ